PR
Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
| main |
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
    kisoハイドロクリームSHQ-5でシミが薄くなった
    0

      JUGEMテーマ:シミ対策・美白化粧品、スキンケアの口コミ、感想

       

      目次

      ◆シミについて
      ◆ハイドロキノンとは
      ◆kisoハイドロクリームSHQ-5について

       

       

      ◆シミについて

       

      私は50歳台前半のおばさんです。

      シミに悩んでいます。

      若い頃に無茶な日焼けをし、ろくな手入れもせず放っておいたからでしょう。

       

      左右の頬に大きなシミがいくつもあります。

       

      シミ画像ビフォー右  シミ画像ビフォー左

       

      シミには4つの種類があるそうです。

      ・日光黒子(にっこうこくし)  別名・老人性色素斑。紫外線を浴びて出来るシミ。顔以外にも手、背、前腕、上背などに多い。

      ・雀卵斑(じゃくらんはん)  いわゆるソバカス。遺伝によるものが多い。頬や鼻の周りなどに多く出る。

      ・炎症後色素沈着  やけどやニキビ、かぶれなどが原因。年齢・性別・部位に関係なくできる

      ・肝斑(かんぱん)  女性ホルモンが関係している。頬骨に沿って左右対称にできるのが特徴的。

       

      私のシミは日光黒子(にっこうこくし)です。

      左右対称ではないし、顔以外の手の甲や肩にもシミが出来ています。

       

      シミを長い間放置したままにしておくと、イボ状に隆起し、「脂漏性角化症」という老人性のイボに進展することがあります。

       

      また、長年紫外線を浴び続けて光老化がすすむと、「日光角化症」という皮膚がかさかさしたうろこ状やかさぶたのような症状になることがあります。

      この「日光角化症」はまれに皮膚癌に進行してしまう場合もあります。


      やはりシミの対策は必要ですね。

       

      ◆ハイドロキノンとは

       

      このシミをなんとか薄くしたい、できれば消したいと思い、kisoハイドロクリームSHQを購入しました。

       

      これが私が購入したkisoハイドロクリームSHQ-5です。
      商品はチューブ型になっています。

      片手に乗るほどの大きさです。

       

      kisoハイドロクリームSHQ-5


      kisoは安定型ハイドロキノンにこだわって開発されたそうです。

       

      ハイドロキノンというのは、植物など自然界に存在する身近な成分です。

      ビタミンCなどに比べると10〜100倍近い効果がある強力な成分です。

      そのため、皮膚科など病院での治療に処方されることが多いんです。

      でも、強力である分、肌の弱い人には刺激を感じる事もあります。


      また、ハイドロキノンは、安定性が悪く酸化しやすく効果が落ちるという弱点を持っています。

       

      安定型ハイドロキノンとは、このような弱点を改良したもので、安定性があり、酸化しにくく、肌に低刺激で浸透しやすい。

      さらに臭気も少ないという利点もあります。

       

       

      kisoハイドロクリームSHQには、この安定型ハイドロキノンを2%、5%、10%配合されているものが揃っています。

      私は5%のものを購入しました。

       

      kisoハイドロクリームSHQは、スーパーやドラッグストアの店頭では売っていないかもしれません。
      ネットならすぐに見つけられると思います。
      楽天やアマゾンなどで検索してみて下さい。
      私はアマゾンで購入しました。

       


      10%のものと迷いましたが、初めから10%もとなると副作用が少し心配です。

      副作用というのは、白斑です。

      実はハイドロキノンは2000年まで化粧品への配合が規制されていたんですよ。

      ハイドロキノンベンジルエーテルを長期間の使用した人が白斑を引き起こすトラブルが起きたことが過去にあったそうです。


      しかしその後の調査で、ハイドロキノンとハイドロキノンベンジルエーテルは毒性が全く違うことが判明したんです。


      だから現在はハイドロキノンの規制は緩和されました。


      でも、副作用というほど大袈裟なものではありませんが、肌トラブルを起こす可能性はあります。

      たとえば、ヒリヒリする、赤み、皮がむける・・など。


      だから、私は5%配合から使い始めてみました。
       

      ◆kisoハイドロクリームSHQ-5について

       

      中のクリームは白色のちょっと堅めの乳液状。

      無臭です。


      1日2回ほど塗ります。

      しかし私は1日1回だけにしました。


      風呂上がりに化粧水、美容液、乳液など毎日使っている化粧品を全て塗ったあとに、ハイドロクリームSHQ-5を塗ります。


      米粒大の量を絞り出して、シミの箇所に塗り込みます。

      1つのシミに対して、米粒1つ分の量のクリームを塗ります。


      すぐに肌になじんで、クリームは無色になります。

      塗った部分は少しべたつきますが気になるほどではありません。
       

      ◆kisoハイドロクリームの効果

       

      kisoハイドロクリームSHQ-5を使い始めて2週間になります。

      さて効果はどうでしょう。

      シミは薄くなっているのか・・・・・

       

      シミ画像アフター右  シミ画像アフター左

       

      若干、シミが薄くなっていますよね。

      左右両方とも薄くなっています。


      kisoハイドロクリームSHQ-5は2週間で約半分くらいの量に減っているようです。

       

      これ1本を使い終わる頃には、どれほど薄くなっているのか期待が高まります。

      さらに使い続けて効果を確かめたいと思います。
       

      posted by: kisohydro | シミ | 12:07 | comments(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 12:07 | - | - |